外壁剥離調査について|雨漏り調査のライフトラスト【大阪エリア】

剥離について
建築基準法に基づく「外壁調査の定期報告」に赤外線調査が加わりました。

建築基準法第12条に基づく特殊建築物等定期報告制度が、平成20年4月1日以降に見直され、所有建物が竣工・改修から10年を経る場合、外壁の調査・報告が義務付けられました。
この改正により、平成20年4月より外壁の調査・定期報告を怠ったり虚偽の報告を行ったりした場合、責任者への罰則規定も強化され、これを機に、マンション管理組合やビルオーナーのなかで調査検討をされるケースが増えました。

さらに築年数を経た外壁は、見た目には分からない外壁の浮きや剥離が生じている場合があり、その状態が続くことで、雨水の浸入・振動の影響での劣化や落下につながるケースがございます。
高額な修繕費用や落下等に対する万が一のリスクを回避するためにも、外壁に対する調査・見直しを行い、安心・安全な建物維持をお勧めいたします。

当社が祭用する赤外線サーモグラフィを使った外壁調査の特徴は、赤外線カメラによる非破壊検査です。サーモグラフィで温度分布を測定することで、建物の異常箇所を発見します。
足場を組む必要もなく、打診による全面外壁点検に比べて大幅に費用を抑える事が可能です。

赤外線による外壁調査のメリット

打診式外壁調査に比べ、期間が短く、低コストでの調査を可能にします。

メリット①期間短縮が可能。
  • 建物の周囲からの調査撮影のため、足場等の設置・撤去を必要としません。
  • 赤外線調査のデータを解析するため、短期間での調査が可能です。
メリット②低コスト
  • 足場や、人による高所作業がないため、安全・低コスト
  • 調査に必要な工程に安全対策や交通整理等が必要ありません。
メリット③定期報告に対応可能
  • 調査から報告書の提出が短期間で可能
  • 電子データでの保存や定期的な調査で、建物の経年劣化防止
メリット④入居者への配慮や建物外観への影響がありません
  • 騒音や建物に対し、打診式でないため影響がありません。
  • 入居者に対し、調査による不快感や不安を与えません。

従来の外壁調査といえば、目視検査と打診検査でした。この方法で調べるときには、大がかりな足場を組み、人の手により一つ一つ調べるので、非常に多くのコストや時間などを必要とします。
しかしこれら従来の方法に変わるものとして、赤外線外壁調査が国交省から認められました。これは赤外線サーモグラフィを使用することで、遠方から調査することができ、安全かつ短時間で現地調査を行います。

赤外線調査と打診法による調査法の比較

  打診法 赤外線法
安全性 足場を用い、人が打診する調査方法 足場なしでの遠距離からの調査方法
期間 足場設置、調査方法に時間がかかる 短期間での調査が可能
コスト 足場・高所作業による調査により高額になりやすい 足場不要・赤外線調査で低コスト

全国エリア対応!迅速に対応いたします。

日本地図外壁剥離・雨漏り調査は、全国のエリアで調査・対応可能です。
*主要エリアより200kmを超えるエリアの場合は他に出張費が必要な場合がございます。

調査・補修等に関する費用は、調査内容、範囲などにより変動がございます。
そのため、料金に関しまして一度お気軽にお見積りをご依頼ください。(見積もり無料)

具体的な調査・補修以外での、ご相談なども承っております。
まずは、お電話またはお問合せより、お困りな部分に対し、お気軽にご相談ください。

雨漏り・漏水、外壁剥離についてのお問い合わせはこちら
ご相談・お問い合わせ
会社案内

株式会社ライフトラスト

〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町4-5-4
本町GTCビルディング 201A

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ホームページからのお問い合わせ
会社案内